コーチングは地頭の良い人に使ってこそ生きる。
それ以外にはティーチングで。

コーチングは全社員を活性化させるスキルではない。
社員を分別して使用するのがベスト。

コーチングの基本的な考え方は「答えは相手の中にある」です。

そのため上司は「相手の言葉を繰り返す」オウム返しで、相手に自分の中のもう1人の自分と対話をさせ、その結果、自分の中に隠れていた答えを見つけさせる、という「コーチング」を行うのです。

これを繰り返せば、部下は自己を振り返すことが癖になり、コーチングをされなくても自分の中のもう1人の自分と対話をして、毎回自分の中に眠るアイデア、考え方を実戦で活用することができるようになります。

これこそが、コーチングが人の力を発揮させ、その組織を強化、活性化するメカニズムなのです。


このメカニズムは素晴らしいものです。

これが実際にできれば、社員は常に自分で考えて答えを出し、上司の指示を待たずに新しいアイデアで顧客を創造し、困っていた問題の解決策を見つけ出しすようになり、会社はまるで自動駆動装置になって、どんどん成長し、業績が向上していくでしょう。


しかし実はそのようなことは、このコーチングのメカニズムが「いつも」「相手が誰でも」機能すれば、正しければ、とした場合だけ成立するものです。
しかしコーチング専門の研修会社の研修を受けたり、会社にコンサルで入ってもらって、コーチングを導入した会社様やマネージャー様はどうだったでしょうか。


研修通りに部下とのミーティングで「アクティブリスニング(オウム返し)」をして、相手から答えが出てきましたか。相手は自分で気づきにたどり着いていたでしょうか。
恐らくほとんどの社員は答えが出ても、とても幼稚なものだったか、レベルが低く合格点に達しないものか、あるいはそもそも答えを見つけ出せず、上司と部下の相手の間で十数秒の気まずい沈黙が生まれた、ということではなかったでしょうか。


このような結果から、コーチングを導入しようとした経営者様、あるいはマネージャー様は「コーチングは使い物にならない」「研修を受けただけ丸損だ」と思い、コーチングの導入を諦めたのではないでしょうか。


このように断言できるのは、まさに弊社、大阪の人材開発会社・ヒューマンパワー研究所がその通りのプロセスで、コーチング導入を一旦は諦めたからです。特にコーチングの考え方自体は、弊社で開発したマネジメントスキルと非常に相性がいいので、合体させれば効果を発揮し、柔軟で強靭なフラット型組織の企業を構築することができる(正確には弊社の開発した「フラミッド型組織🄬」です)という思惑が外れたので、コーチングの余りの効果のなさは「詐欺的なレベルだ!」とさえ感じてしまいました。


しかし弊社は一応、人材開発会社です。そして「それでも」コーチングの根幹の考え方自体は、素晴らしいと思っていました。ですのでコーチングを破棄せずに、何とか実戦で使える方法を検討しました。

具体的には「使えなかった」実例を全て詳細に分析し、コーチングが機能しなかった理由の仮説を導き出し、その欠点をカバーしてコーチングを実戦的に活用する方法を検討した、ついにその方法を開発したのです。


それが「やり直しコーチング」です。そしてこの内容と実例をコンパクトに15分にまとめた書籍が「『コーチング』を使って失敗した私が気付いた、その実戦的な使い方5ヶ条」です。

ですから、弊社と同様、コーチングがうまく機能せず、挫折してしまった企業様、マネージャー様は、1度この本をお読みください。恐らく、コーチングの再導入を検討していただけるヒントになると思います。


ただし、15分で全部が読める本1冊だけで「やり直しコーチング」を全社、あるいは自部門に導入できる方は、元々かなりのマネジメント力を持っている場合だけでしょう。

ほとんどの方の場合は、弊社の本を読んでも「コーチングの欠点もそれを踏まえて活用する方法も分かったが、しかしこれを全社に導入するのはハードルが高い」と悩まれるかもしれません。

そのような場合は、ぜひ大阪の人材開発会社・ヒューマンパワー研究所ご相談ください。御社の実態を調査し、実戦的な「やり直しコーチング」を行う道筋をご提案し、御社の人材開発担当者様をサポートして、全社導入を実現させていただきます。

「やり直しコーチング」についての疑問、研修実施のご相談、お見積りなどお気軽に以下のリンクボタンからお問い合わせください。


また「やり直しコーチング」についてもう少し詳しく知りたい方は、

ぜひ以下のリンクから

「『コーチング』を使って失敗した私が気付いた、その実戦的な使い方5ヶ条」

をご一読ください。15分で読めますので、非常にお手軽です!


https://onl.tw/kr6GMyk


電話受付時間 9:00~17:00

「やり直しコーチング」って何?

3つのポイントでご紹介

サンプルテキスト

  • コーチングの「答えは相手の中にある」という考え方は諸刃の剣

    コーチングの考え方の前提は、どの人間にでも考える能力がある、考えるための体験がありそれが普段は隠れている、ということです。

    それ引き出し、探し出せば(これが「コーチング」です)問題が解決し、新しいアイデアが生まれ、問題点も解決する、ということです。これが諸刃の刃の片方の面です。


    ここに実は、コーチングの「欺瞞」があります。研修会社はコーチングを誰に対しても効果のある「万能」のものだ、といいますが、それが大ウソなのです。

    研修会社で教わった方法でコーチングを実践しても90%の部下からは答えはほぼ出てきません。コーチングのテクニックを必死に使って「相手から答えを引き出」そうとしても、まさに「暖簾に腕押し」です。

    これが諸刃の刃のもう一方の面です。


    この理由は何でしょうか。


    人間は「地頭」のよいひと、「地頭」の悪いひとの2つに分かれます。
    「地頭」とは、微分積分が解けるとか、TOEICが800点などの外国語が話せるなど勉強によって後天的に身に付けられる能力ではなく、その人が持って生まれた「理解力」のことです。

    「地頭」のよい人は、仮に学歴がなくても、あるいは社会人のキャリアが浅くても、少しヒントを出すと「それならこういう方法がありますね」「それは根本的に無理です」と必ず気づきます。

    あるいはミーティングなどの場でも、言葉の使い方の良しあしは別にして、本質的な発言をします。

    そういう人を「地頭がよい」というのです。


    コーチングはそもそも人間が全て「地頭のよい」という暗黙の前提で成立しているカウンセリングスキルなのです。

    従って「地頭のよい人」にコーチングを行えば、研修で習った通りに「相手の中から答えが出て」来ます。しかしその確率はほぼ10%です。


    逆に、ほとんどの「地頭のよくない人」にコーチングを行っても、答えの出て来る可能性は90%なのです。

  • 「やり直しコーチング」とはどういう内容か

    そこでカウアンドキャット・ヒューマンパワー研究所が、「100人のうち10人しか効果が出ない」というコーチングの致命的問題点を克服して開発したのが「やり直しコーチング」なのです。
    それは簡単に言えば「地頭のよい人」にはコーチングを行い、それ以外の「地頭のよくない人」はティーチング、つまり「指示命令」を行って「一戦力として割り切って使う」ということです。


    その理由と実践方法を「『コーチング』を使って失敗した私が気付いた、その実戦的な使い方5ヶ条」の中では以下のように述べています。


    1 考え方が柔軟か、せめて態度が柔軟な人間を相手にすべし
    2 3回の面談までで変化・進化がなければ、コーチングの対象から除外すべし
    3 コーチングがうまくいかない相手には「指示命令型」(ティーチング)に戻すべし
    4 こちらに答えが用意できない問題を抱えている場合は、その次回にしこちらなりの答えを用意すべし
    5 社員全体を育てる必要はない。凡人を束ねられるリーダーだけを育てればよいとあきらめるべし


    本書ではこの5ヶ条を実例に沿いながら分かりやすく解説しています。ですからコーチングをやり直すためには、非常に役に立つと言えるのです。

  • 「『コーチング』を使って失敗した私が気付いた、その実戦的な使い方5ヶ条」が役に立つ理由

    以下の理由があるので、「高い研修料と引き換えにコーチングの導入を企画したが、全く実例通りに行かないため、導入を諦め、コストを無駄にしたと不満に感じている人材開発担当者様、企業様」にとって「『コーチング』を使って失敗した私が気付いた、その実戦的な使い方5ヶ条は「やり直しコーチング」は非常に役に立つでしょう。


    1 自社のコーチングの失敗を前提に、「コーチング」の活用方法をコーチングの欠点を解析した上で開発したので、非常に実戦的で効果的
    2 コーチングの効果が出ない実例も豊富なので、自社の失敗の原因が分かる
    3 「実戦的な使い方5ヶ条」の豊富な実例を活用すれば、コーチングを実戦における企業経営にすぐ生かせる
    4 地頭の良い人間へ行うコーチングのロープレ事例が豊富に載っている
    5 コーチングの効果がない「凡人」への指導方法、戦力化の方法も事例によって解説している
    6 以上の内容がたった15分で読める


    いかがでしょうか。ぜひこの本を読んだうえで「やり直しコーチング」に挑戦してみてください。


    ただ、本を読んだだけではなかなか分からない、実践できないという場合はぜひ弊社、カウアンドキャット・ヒューマンパワー研究所にご相談下さい。

    「やり直しコーチング」を御社の社内状況、組織体制に合わせて制度設計を行い、それに沿ったマネージャー様を対象にした研修を実施します。それによって、真にコーチングを活用し、御社が社員の力を引き出して市場対応し、業績を上げる道筋を付けることができるはずです。

「やり直しコーチング」についての疑問、研修実施のご相談、お見積りなどお気軽に以下のリンクボタンからお問い合わせください。


また「やり直しコーチング」についてもう少し詳しく知りたい方は、

ぜひ以下のリンクから

「『コーチング』を使って失敗した私が気付いた、その実戦的な使い方5ヶ条」

をご一読ください。15分で読めますので、非常にお手軽です!


https://onl.tw/kr6GMyk


電話受付時間 9:00~17:00

Access

合同会社カウアンドキャット

住所

〒531-0061

大阪府大阪市北区長柄西1-3-22-2313

電話番号

090-4301-0263

090-4301-0263

電話受付時間

9:00~17:00

定休日 なし

業種

出版業

教育研修業

特定募集情報提供事業(51-募-000072)

設立

2022年4月

誰もが持っている潜在的な力を引き出す企業向けの教育事業と、著者様の新たな発見や体験を書籍として世の中へと発信するのをお手伝いする支援サービスをご提供しております。出張でのご相談や打ち合わせはもちろんオンラインでも対応しており、どのようなことでも気軽にお問い合わせいただけます。

    Related

    関連記事